news

2019.05.13 治療について

知覚過敏について

知覚過敏はよくCMなどで身近に耳にすることが多いと思います。しかしどういったものかというと「しみる」ということしかあまり知られてないかと思います。

知覚過敏は虫歯ではなく、なんらかの刺激によって神経が軽度の炎症を持ち、普通の刺激に対して過敏に大げさに感じてしまうことです。

一度強い刺激を受け神経が過敏な状態になりしみています。その後常温の水でも神経が過敏な状態なので、普通の水の刺激ですらしみてしまいます。過敏な神経は刺激を受けやすいので、またしみて軽度炎症が起きしみる、また神経が過敏になる…

強い刺激→過敏に→しみる→弱い刺激でもしみる→過敏に→しみる→過敏に→しみる→etc…

主な治療は刺激を加えないこと、刺激を軽減すること神経を落ち着かせ、過敏じゃなくすることです。

治療法は

1.自分で、しみている歯に冷たいものなどの刺激をいかせず、自然と神経が落ち着くのを待つ。

2.歯医者で歯の表面をコーティングをし、刺激を神経に行きにくくし落ち着かせる。

神経に刺激をずっと加えてしまうと、神経が痛んで神経を取らないといけない場合があります。安静にしていてもなかなか落ち着かない場合は、虫歯の可能性もあるので、歯医者で見てもらうのが確実です♪そこで知覚過敏なら、虫歯でないのでまず安心です